缶バッチの歴史とインターネットで制作を注文するメリットとは

動物の缶バッチ

缶バッチ制作の歴史と今について

ウサギの缶バッチ

缶バッチ制作の歴史は、1800年代前半にアメリカ合衆国大統領選挙の、宣伝アイテムとして制作され古い歴史があります。バッチは本来、勲章や階級を表す物として使用されていましたが、オリジナリティを付けることでファッションのアイテムとしても使用されています。今では、キャプに付けておしゃれなアクセントに利用する他、小物やバッグなどにも使うケースがあり、ファッションの必需品とも言える存在です。
缶バッチが普及した歴史の過程に、飲料メーカーが記念バッチとして制作したのが、普及を促進したと言われていて、ファッションに活用されだしたのは、1980年代頃に起きたファンシーブームの時に人気となりました。元々缶バッチの原料は、ブリキを使用していましたが今はスチールなどが主流となっています。歴史ある缶バッチを今でも継承されていますが、現代の缶バッチは進化して様々な需要があります。
例えば、イベントなどを開催する時に運営スタッフが缶バッチをオリジナルで制作して、団結力を高める為の、一つなどにも使用されています。オリジナル缶バッチを制作する時、安いコストで作れるというメリットがあり、缶バッチ制作を希望する人が増えています。また缶バッチはピンのタイプが主流ですが、スナップボタンを使用した進化型の缶バッチなどもあり、人気を高めている理由でもあります。

業者に缶バッチ制作の注文をするメリット

自分で何かオリジナルのアイテムを手作りしたいと思ったら、最初に何かと準備しなくてはいけませんよね。イラストが好きな人は自分でオリジナルのイラストを描いてポストカードを作ったり、ラミネートをかけてカードにしたりと、色々工夫をしながらグッズ制作をされると思います。
そんな中、子供用のおもちゃとして発売されていた缶バッチメーカーを店頭で見かける機会がありました。ちょうどその頃イベント用に何かアイテムを作りたいなと考えていて、缶バッチくらいの大きさならば沢山の人に配るにしても軽いし、サイズも小さくて荷物にならないなと考えました。缶バッチメーカーの箱を見ると制作に必要なものは全て揃っているようでした。早速試しに作ってみると、最初の1つ目は少し絵柄がずれてしまいましたが、とても簡単に作ることが出来ました。
オリジナルアイテムとして何個か作りましたが、沢山の人に興味を持ってもらえて声を掛けてもらえた事がとても嬉しかったです。さらに、こういった缶バッチを大量制作する場合はインターネットの業者に缶バッチ制作の注文をすると安くてクオリティーが高いのでオススメと友人から紹介されました。私はまだ缶バッチの大量制作をする予定はありませんが、また機会があれば利用したいなと思っています。

ご当地で缶バッチを制作しよう

今日、缶バッチは様々なところで販売されています。小学生はランドセル、中高生は学生バッグ、大学生はリュックなどに缶バッチを付けている人も多いのではないでしょうか。缶バッチはアーティストのライブやご当地で販売されていることが多いですが、低価格でオリジナルの缶バッチを作れることを知っていますか。主に缶バッチを制作するとなればインターネットでの注文ですが、もう一つ缶バッチ制作が出来るところがあるオススメの場所は、観光地です。
旅の思い出にということで缶バッチを作ることができるコーナーが設けられています。私は最近、彼女と彼女の甥っ子4人で福岡の門司港に遊びにいきました。門司港には色々な観光地スポットがあります。たまたま見つけた缶バッチ制作コーナーが設けられていたので、思い出を残しておこうということで缶バッチを制作することにしました。制作方法は丸の紙に色鉛筆や色ペンなどで自由に絵を描くだけです。
私は、門司港のご当地キャラクターを描きました。子供達も夢中になって絵を描いていました。絵が完成したら、スタッフの方に絵を描いた紙を提出して白の缶バッチにプリントしてもらいます。少しの間待っているとすぐに完成しました。制作費用はワンコインの費用なので財布にも優しいです。思い出作りにご当地で缶バッチを作ってみませんか?

缶バッチ制作は業者のこだわりをチェック

「缶バッチ」は自分でも制作できますが、知識がないとどうしても素人感が出てしまうものです。また、めんどうなことも多く手間がかかります。美しくスピーディーに仕上げるためにも、業者にオーダーしましょう。プロならイメージに沿ってデザインを提案してくれます。 缶バッチ制作をオーダーするなら、事前に予算を決めておきましょう。業者側はそれに合わせて提案すれば良いのでスムーズに進められます。そのために相場を知っておくことも大切です。ひとつだけにこだわらずに、できるだけたくさんの業者の料金をチェックしておきましょう。また、制作以外にかかる費用があることも忘れてはなりません。送料や消費税、手数料なども確認しておきたいところです。トータル費用がどれくらいかかるのかリサーチしておきましょう。 業者のこだわりを見ておくことも大切です。缶バッチのかたちは丸だけでなく、ハートやスクエアなどさまざまなかたちがあります。また、ネオン、ラメなど加工方法も異なるので、どんなことを得意としているのかを確認しておくと良いでしょう。制作例を見て、自分の好みのデザインが集結しているところは、理想のデザインに仕上げてくれる可能性大です。

缶バッチを綺麗に作って見せるには

今時は小学生であってもSNS、ブログ等を使って自分のことを発信したり他の人の情報を得る事が出来…

MORE ▶

缶バッチは子供にとって憧れアイテム

子供の頃、あまり家族で出かけたりする事が少なかった我が家では、大型連休や夏休み、春休みに家族で…

MORE ▶

缶バッジは何に使うのか?

幼い時に気付いた時から缶バッチという存在を知っていましたが、大人になるにつれ缶バッチの必要性な…

MORE ▶